キャッシングの返済で困っている方のための解決方法

キャッシングで借入残高が大きくなりすぎて、支払いができなくなるといったケースがあります。もし、急な出費が重なったり収入がいつもより減ったりしたとき、月々の返済が滞ってしまったらどうなるのでしょうか?キャッシングの返済ができなくなったとき、どうすればいいのでしょう

キャッシングの支払いをしないとどうなる?

返済しなかった場合のリスク

返済しないとどうなる?

  • 督促状の送付、電話督促により家族にバレてしまうことも
  • 遅延損害金が発生し返済総額が増える
  • ローンカードの利用停止・強制解約
  • 借金の一括請求
  • 信用機関に金融事故情報が登録されブラックリスト入り
  • 裁判になり給与が差し押さえになる

督促状の送付・電話督促により家族へバレる恐れがあります

キャッシングの返済期限が過ぎても返済されなかった場合、まず電話やメール、ハガキでの督促が利用者に対して行なわれます。滞納から1カ月程度までは電話での督促が多いですが、もし、利用者がそれに応じずに何も連絡しないままさらに一定期間が過ぎてしまうと、カード会社から内容証明郵便での督促状が届きます。内容証明郵便は郵便局に記録が残るため、「間違いなくあなたに督促の連絡を送っています」というカード会社からのメッセージであり、裁判になったときの有力な証拠になるものです。この内容証明郵便での督促も無視すれば、裁判所を通じた支払督促や差し押さえの段階に移行します。

必見 とにかく督促を止めたい方、匿名で無料相談できるところはこちらです

このように自宅宛にハガキや電話があるため、家族にキャッシングの利用がバレる可能性があります。家族に内緒でお金を借りている人は特に注意が必要です。
ただし、わざと連絡を無視したり悪質な場合は職場にも電話がかかってくる可能性がありますので借入先からの連絡は必ず出るようにしましょう。

遅延損害金が発生し返済総額が増えてしまいます

キャッシングの返済では、支払いが遅れると利息のほかに遅延損害金が発生します。遅延損害金は、あらかじめ取り決めた日までに返済できなかった際に支払いが必要となります。延滞したことで貸主に損害を与えない場合でも、遅延損害金を払わなければなりません。法律上、返済が1日遅れただけでも遅延損害金が発生し、期日までの返済額(元本返済分+利息)とは別で支払う必要があります。

遅延損害金は本来の利息以上に金額が大きくなるので、結果として支払総額が増えることになります。遅延損害金は利息と同様に日割り計算されるため、延滞する期間が長くなるにつれて額が大きくなっていきます。借入残高が大きい場合も1日あたりの額が増えることになるので、支払いが遅れれば遅れるほど返済総額は膨れ上がってしまいます。

ローンカードの利用停止・強制解約

滞納を続けるとローンカードが利用停止となり、強制解約となってしまいます。強制解約されてしまうと、その後ローン会社から借り入れすることはできませんので、再度申し込みをしても審査に落ちてしまうことになります。強制解約されたという情報が信用情報機関に共有されるため、金融事故情報に載ってしまうことになります。いわゆる『ブラックリスト』といわれるものです。

強制解約されるということは

  • 住宅や自動車のローンが組めなくなります
  • 新しくほかのクレジットカードの契約ができません
  • ショッピングローンやキャッシングでお金が借りられません
  • 携帯電話の分割払いができません
  • 賃貸住宅の契約で保証会社を保証人にする場合は審査に落ちてしまいます

などといったことが生じてしまいます。

踏み倒した借金を一括請求されることもあります

長く滞納してしまうと返済の意思がないものと判断されてしまい、キャッシング先から一括請求の催告書が届くこともあります。一括請求の催告書は、『期限の利益の喪失』を正式に通達する書類になります。この通知が届くと、利息も含めて元金をすべて期日までに返済しなくてはならなくなります。

催告書が届く頃には、債権回収の専門部署や債権回収会社に債権が移されることになります。
債権回収会社(サービサー)とは

債権回収会社(サービサー)について 債権回収会社(サービサー)とは、債権回収(借金の取立て)を行う法人です。債権回収会社は、金融機関等から返済ができなくなった債権を買取り、債務者に対して支払いの督促や ...

続きを見る

信用機関に金融事故情報が登録されブラックリストに入ってしまう

また、61日以上~3ヶ月返済が滞ると滞納の情報が信用情報に記録されます。信用情報とは、クレジットカードや借入れなどの契約前に、金融機関が申請者の返済能力や信用力などを把握するために照会する情報のことです。CIC、JICC、KSCという3つの信用情報機関があり、金融機関ごとに照会先は異なります。キャッシング利用者が新規契約や返済を行なうタイミングで、これらの機関に信用情報が登録されます。中でも延滞記録は利用者の返済能力を示す重要なものです。そのため、「キャッシングの返済で延滞があった」という記録があると、カード会社は利用者の返済能力が低いと判断する可能性が高くなります。

裁判になり給与が差し押さえられます

催告書を無視すると、債権会社が延滞裁判を起こすことになりますので、訴状や支払督促の内容証明郵便が届いたら和解の申し入れを行いましょう。行わなかった場合、債権回収の言い分がすべて通り、給与が差し押さえられてしまいます。

強制執行による給与差し押さえは給与の4分の1までになっており、債務者への事前通知はなく裁判所から職場に差押命令が通達されてしまいますのでくれぐれも気をつけましょう。

必見 差押えになる前に解決したい方、匿名で無料相談できるところはこちらです

支払いが厳しい人は債務整理も一つの手です

どうしても支払いができないのであれば、キャシング先に相談することはもちろん、別の手段もあわせて検討するといいでしょう。

『返済の手間を省いて一本化したい』『今後繰り上げ返済できる可能性がある』『どうしても債務整理は避けたい』という方にはほかのローンで一時的に補填するといった方法もあります。

ほかのローンで一時的に補填する

クレジットカードの支払いを延滞し、家族や友人からの援助も受けられないという方は、ほかのローンの利用を検討してみてください。要は、他社からお金を借り、ピンチの時にだけ楽天カード支払いに充てるといった使い方になります。

滞納しているけどお金が借りれるところ

お金を返さないとブラックリスト…?と悩んでいるあなた、返済するために少しでも用立てたいという方には少額でも借りられるところもあるんです。

少額でも借りれると評判!今すぐにお金が必要な方はコチラがおすすめです

複数の金融機関にローンのある方

複数のローンをひとつにまとめて一本化できる「おまとめローン」がオススメです。この「おまとめローン」を利用して月々の支払いを減らすといった方法もあります。

なお、おまとめローンを利用するときも審査がありますので、審査に甘いところを選ぶことをおすすめします。大手消費者金融以外にも、おまとめローンを揃えている貸金業者は決して少なくはありません。おまとめローンするならこちらがおすすめです。

審査に通りやすいと評判!おまとめローンならコチラがおすすめです

他社での借り入れが難しいという方
柔軟な審査で対応してくれる金融機関と言えばこちらがおすすめです。

柔軟な審査をしてくれるところといえばコチラがおすすめです

債務整理で借金を整理しましょう

すでに返済により生活が困窮している方は、債務整理も視野に入れるといいでしょう。債務整理にもいくつか種類があります。

債務整理とは

  債務整理について 債務整理とは、今ある借金の金額や金利を減らしたり、複数ある借入先をまとめたりして少しでも返済を楽にしようとするものです。 借金の金額や困り具合によって債務整理の方法が違 ...

続きを見る

自分だけで悩まず専門家に相談しましょう

思い切って弁護士に相談することで、借金のお金の金利がなくなり、本当に返せる金額だけを返すだけでよいことになるように弁護士があなたに代わって交渉してくれます。『相談料は無料だし、本当に良い弁護士なのかどうか心配』という方は、匿名希望の方にも無料で相談に乗ってくれる法律事務所にとりあえず匿名で相談をしてみて、信用できそうな弁護士かどうか自分で確かめることをおすすめします

必見借金でお悩みの方、匿名で無料相談できるところはこちらです

匿名による相談を利用しましょう

本名、住所などは明かさずに相談できるので、借金で悩んでいる方は一度は試してみないと損です!無料で相談にのってくれ、その後、自分でどうするか決めることができます。「しつこく勧誘されることになったらどうしよう?」と思いがちですが、何も心配することはありません。迷惑なメール、勧誘の連絡など一切きませんので安心してください。

匿名で無料相談できるところはコチラ

© 2021 借金返済が出来ない人の為の解決方法!債務整理の仕方について