債権回収会社(サービサー)とは

債権回収会社(サービサー)について

債権回収会社(サービサー)とは、債権回収(借金の取立て)を行う法人です。債権回収会社は、金融機関等から返済ができなくなった債権を買取り、債務者に対して支払いの督促や競売申立てを行います。

本来、債権回収を代理で行うことを認められていたのは弁護士のみで、弁護士以外の人が債権回収を行うことは弁護士法違反となり刑事事件の対象でしたが、弁護士以外が代理人として債権回収業務を行うことが求められたため、特例としてサービサー法で許可を受けた会社が債権回収を行うことを認められました。そのため、債券回収を行うには法務大臣からの許可が必要となります。

債権回収会社から通知が届いたら

借金返済の滞納が続く場合、代位弁済が行われ、借り入れした銀行から督促されていたものが、債権回収会社(サービーサー)に移り、借入会社ではなく債権回収会社より督促の連絡が来るように変わります。

債権回収会社から通知を受け取った場合、その通知本物なのか架空請求なのかが問題になりますので、必ず債権回収のホームページで架空請求ではないことを確認することが大切です。

架空請求かどうかを確認しましょう

昨今、 法務大臣許認可の債権回収会社を装った会社・団体による架空の請求が増え、問題となっています。

法務大臣の許可を受けた債権回収会社は、アダルトサイト・アダルト有料電話サービスなどのアダルト向け代金の回収はしていません。そして、法務大臣から許可をもらっている債権回収会社は、以下のように徹底していますのでこのような方法以外での通知やお手紙が届いた場合は架空請求であることが疑われますので十分に注意してください。

以下のことに気を付けましょう

・個人情報保護シールのない手紙での請求や督促は行いません
・多数の電話番号を連絡先として載せたり携帯電話への連絡を求めません
・個人名義の口座を支払先に指定しません

参考:法務省:債権管理回収業の営業を許可した株式会社一覧 

債権回収会社から通知がくるということは

債権回収会社からの通知を意味するのは、クレジットカード会社や消費者金融などの金融会社が債権回収を債権回収会社に頼んだことになります。

債権回収会社に債権回収を依頼した時点で、未払いの期間が長くなっています。滞納から既に2ヵ月以上経過し、ブラックリストに登録されている場合が多いです。

通知を受け取った当初は、債権回収会社も交渉にも応じてくれるでしょう。しかし、通知を無視すると、電話や手紙の送付などは続き、そうするうちに「この債務者は支払う意思がない」と考えられてしまい、さらに厳しい対応をされることがあるかもしれません。

債権回収会社の通知を無視した場合、どうなる?

もし、債権回収会社の通知を無視してしまったら、金融業者からの通知を含め、①→⑥のように段階的に変化していきます。

債権回収会社の通知を無視した場合

  • ①金融業者からの電話やハガキによる督促
  • ②債権回収会社からの債権譲渡の通知
  • ③債権回収会社からの電話や手紙による督促
  • ④債権回収会社からの一括請求の督促・内容証明郵便の送付
  • ⑤裁判所からの支払督促または裁判の連絡
  • ⑥差押え
一括請求の場合、残りの債務をすべて請求されることになり、支払うことが出来ないときは、2ヵ月程度経過すると裁判所の手続きに移ってしまいますので、早急に対処することをおすすめします。支払いのめどを立てにくい場合は早めに専門家に相談することをおすすめします。

必見 借金の悩みのある方、まずはお気軽に相談することをおすすめします

借金の時効とは?

借金をしてから一定の時間が経った場合、債権者が返済を迫れなくなることを「消滅時効」と言います。時効は借金を免れられる方法の一つです。

条件が満たされて消滅時効が成立すると、債権者が借金の支払を請求できなくなり、債務者の返済義務はなくなります。

債権回収から請求が来ている債権についても、時効で消滅する可能性はありますし、通知を受け取ったときに時効が完成していることもあります。

時効成立の条件

・最終の返済日から最低5年が経過していること
・時効更新がないこと
・債権者に「消滅時効が成立している」と主張すること(時効の援用)

取り立てに直接対応して、「待ってください」「払います」と言ってしまったり、通知を放っておいて支払督促を受けるという場合には、借金をしてから時間が経っている場合にも消滅時効が使えないことになりますので気を付けましょう。

債権回収への対処は借金解決の専門家に相談することをおすすめします

債権回収から通知が来たということは、債権回収のプロが取り立てをしてくることを意味しています。手を打たないままでいいことは何もありませんので、一刻も早く弁護士などの専門家の力を借りて対応することをおすすめします。

専門家に依頼することによって「債権回収会社とのやり取りを代行してもらい、差押えを止められる」「債権回収会社との交渉で月々の分割払いにするなど、返済負担の軽減を図れる」「消滅時効が使えるかどうかの判断や、時効援用の手続きをしてくれる」などのメリットがあります。

債権回収のような債権回収のプロへの対応は個人で行うにはとても大変なことでもあるので、債権回収会社の対応に慣れた借金解決の専門家の知恵を借りることが必要かもしれません。

必見 借金の悩みのある方、まずはお気軽に相談することをおすすめします

匿名による相談を利用しましょう

本名、住所などは明かさずに相談できるので、借金で悩んでいる方は一度は試してみないと損です!無料で相談にのってくれ、その後、自分でどうするか決めることができます。「しつこく勧誘されることになったらどうしよう?」と思いがちですが、何も心配することはありません。迷惑なメール、勧誘の連絡など一切きませんので安心してください。

© 2021 借金返済が出来ない人の為の解決方法!債務整理の仕方について