家賃が払えないときどうなる?対処法

家賃が払えないということは、毎月の支払い期限が過ぎた時点で滞納状態が始まっていることになります。

賃貸契約は、賃貸人と賃借人が契約書を正式に交わして行うものなので、滞納の程度により賃貸契約書に記載されている内容に従って催促や契約解除が行われることになります。

短期間の滞納であっても頻繁に家賃が滞納される場合や、長期にわたって延滞する場合は、様々なトラブルが懸念されます。家賃が払えない最初の段階で事情を丁寧に説明すれば、強制退去や契約解除のような深刻な問題に発展することは少ないようです。

必見 とにかく督促を止めたい方、匿名で無料相談できるところはこちらです

家賃の滞納が分かった時点で管理会社や大家さんから催促されます

家賃の支払いは、多くの場合、口座振替やクレジットカード払いにより行われていますので、支払い状況が管理会社や大家さんに通知されるまでに数日のタイムラグが発生してしまうため、管理会社や大家さんから家賃滞納の催促が行われるのは、支払い日から数営業日が経過した時点になることが多いようです。

もし、銀行への入金忘れやクレジットカードの期限切れなどにより支払いが遅れたときは、必ず自分の方から状況説明をしておきましょう。

家賃保証会社と契約している場合

家賃保証会社と契約している場合、滞納対応は2つのパターンに分かれます。

家賃請求代行サービスを保証会社が行っている場合

直接保証会社から家賃滞納について電話連絡が入り、初回連絡から当日中に返信がなければ緊急連絡先へ電話が入る流れになっています。保証会社が家賃請求を直接行い、滞納有無に関係なく管理会社または大家さんへ家賃保証会社から手数料を引いた家賃が振り込まれるようになります。

管理会社が家賃請求代行を行っている場合

銀行またはクレジットカード会社からの連絡を受けて、まずは入居者へ家賃滞納について電話連絡をします。次に連絡が取れない時点で、保証会社へ代位弁済請求を行い、代位弁済請求が行われて以降は保証会社からの連絡となります。

家賃保証会社から通知があった場合の対処法

家賃保証会社とは 家賃保証会社は、借主から保証料(手数料)を得ることによって、その保証会社が家賃の連帯保証をするサービスを提供している会社です。借主に家賃の滞納などがあったときには、貸主へ家賃を立て替 ...

続きを見る

家賃が払えない場合、延滞金が発生します

家賃が払えない場合、遅延損害金という名目で大家さんや代位弁済を行った家賃保証会社は、延滞金を請求できることになっています。実際に延滞金の請求を行うかどうかは、大家さんまたは家賃保証会社によります。

賃貸契約書には、滞納した場合の遅延損害金の額のほかに、一定期間以上滞納した場合は契約を解除するという内容が記載されていることもありますので確認をしましょう

約定利率について

賃貸借契約書には、遅延損害金について年14.6%といった具体的な記載がない限り法定利率が適用されるようになっています。

法定利率について

法定利率は、大家さんが事業目的で行っているか、個人として賃貸借契約を結んでいるかで変わります。反復継続した事業性がなければ、民法に定められた民事法定利率として年率5%の金利が適用されることになります。

しかし、サブリースや収益物件として事業性が高い場合やテナント契約の賃貸契約ならば商法に基づき、商事法定利率の年率6%が適用されることになります。

また、約定利率であっても利息制限法で定められた上限金利を超えることはできません。

家賃が払えない場合、連帯保証人に迷惑がかかります

家賃滞納が発覚した時点で即座に連帯保証人へ請求を行う場合もあるため、家賃が払えない時には、事前に連帯保証人へ連絡しておくことが必要です。

賃貸借契約における連帯保証人は、催告の抗弁権がないため、いきなり連帯保証人に請求してきたとしても断ることができないのです。
「連帯保証人」は「保証人」とは違って、借主とまったく同じ責任を負うことになるんです。

内容証明郵便による催告

電話による支払いの催促を行っても、連絡がつかなかったり家賃が支払われていない滞納状態が続く場合、内容証明郵便による催告が行われます。確かに催告したことを証明することになります。

内容証明郵便とは?

内容証明郵便とは、いつ、どこで、誰がどんな内容の文書を誰宛に差し出さしたのか郵便局が証明する制度です。郵便局へ差し出し人が作成した指定の書式による謄本により郵便局が証明することになるんです。

全く同じ文面の書面を3通用意して、差し出し人・郵便局・受取人それぞれが1通ずつ保管することになるので、間に入る郵便局という第三者が証明することになります。

内容証明郵便に記載されている内容

差出人・受取人に加えて家賃の滞納額・滞納家賃の支払期限・振込先の記載があります

なぜ、内容証明郵便で通知されるのですか?

内容証明郵便で通知されることによって

賃貸住宅の明け渡し請求訴訟を行う際に内容証明郵便により、確かに催告を行ったという証拠の提出が必要となるので、内容証明郵便による通知は法的措置も辞さないという大家さん側の姿勢です。

それでも家賃を支払わないと強制退去されます

内容証明郵便により、滞納家賃の催告と賃貸借契約解除の予告が行われたにも関わらず、それでも家賃を支払わなければ実際に賃貸住宅の強制退去を迫られる可能性があります。

1か月分の滞納ですぐに退去を求められることはあまりありませんが、頻繁に支払いが遅延する場合や悪質だと判断された場合にはすぐに「退去」を迫らるケースもありますので注意が必要です。

家賃を滞納してしまったときの解決法

ほかのローンで一時的に補填する

家賃の支払いを延滞し、家族や友人からの援助も受けられないという方は、ほかのローンの利用を検討してみてください。要は、他社からお金を借りて家賃の支払いに充てるといった使い方になります。

滞納しているけどお金が借りれるところ

お金を返さないとブラックリスト…?と悩んでいるあなた、返済するために少しでも用立てたいという方には少額でも借りられるところもあるんです。

少額でも借りれると評判!今すぐにお金が必要な方はコチラがおすすめです

複数の金融機関にローンのある方

複数のローンをひとつにまとめて一本化できる「おまとめローン」がオススメです。この「おまとめローン」を利用して月々の支払いを減らすといった方法もあります。

なお、おまとめローンを利用するときも審査がありますので、審査に甘いところを選ぶことをおすすめします。大手消費者金融以外にも、おまとめローンを揃えている貸金業者は決して少なくはありません。おまとめローンするならこちらがおすすめです。

審査に通りやすいと評判!おまとめローンならコチラがおすすめです

他社での借り入れが難しいという方
柔軟な審査で対応してくれる金融機関と言えばこちらがおすすめです。

柔軟な審査をしてくれるところといえばコチラがおすすめです

債務整理で借金を整理しましょう

家賃滞納が長引くと法的措置がとられることもあります。まず、物件の賃貸借契約は解除され、貸主と借り主の関係が失われてしまいます。契約関係が継続している場合、貸主が退去を求めても借り主が退去しないと主張すると認められてしまうからです。

入居者に対して家賃の支払いを催促すると同時に、期日までに滞納分の支払いがない場合は賃貸借契約を解除して物件を明け渡すよう求められます。滞納分の支払いもなく、任意の明け渡しにも応じない場合、裁判所から建物明渡請求訴訟を提起されることがありますので十分、注意しましょう。

家賃の滞納を防ぐには「任意整理」といった方法もありますので、専門家に相談することをおすすめします。
任意整理とは

任意整理について 任意整理とは債務整理の中でも1番簡単な方法で、月々の返済負担を軽くすることを目的とした方法です。裁判所を利用せず、債権者との任意での交渉になります。 弁護士に頼らずに自分で交渉するこ ...

続きを見る

自分だけで悩まず専門家に相談しましょう

家賃を滞納してしまうということは、収入が十分ではなかったり、定期的な収入があっても借金返済などによって家賃支払い分を確保できない状態ではないでしょうか?

家賃支払いが滞って家賃保証会社から連絡がはいった場合、まずは無視せず誠実に対応するように心がけることが大切です。思い切って弁護士に相談することで、借金のお金の金利がなくなり、本当に返せる金額だけを返すだけでよいことになるように弁護士があなたに代わって交渉してくれます。

『相談料は無料だし、本当に良い弁護士なのかどうか心配』という方は、匿名希望の方にも無料で相談に乗ってくれる法律事務所にとりあえず匿名で相談をしてみて、信用できそうな弁護士かどうか自分で確かめることをおすすめします。

必見借金でお悩みの方、匿名で無料相談できるところはこちらです

匿名による相談を利用しましょう

本名、住所などは明かさずに相談できるので、借金で悩んでいる方は一度は試してみないと損です!無料で相談にのってくれ、その後、自分でどうするか決めることができます。「しつこく勧誘されることになったらどうしよう?」と思いがちですが、何も心配することはありません。迷惑なメール、勧誘の連絡など一切きませんので安心してください。

匿名で無料相談できるところはコチラ

© 2021 借金返済が出来ない人の為の解決方法!債務整理の仕方について