鈴木康之法律事務所から督促がきたときの対処法

三菱UFJニコス、リンクライフ、U-NEXT、ワイモバイル、ヤフー、メルカリ、ドコモ・ソフトバンク・KDDI(au)などへの支払いが滞っていることはありませんか?滞納が続いている場合、借金の滞納に関する督促の可能性があります。鈴木康之法律事務所からの借金の督促を気に留めずに放置しているととても危険です。

とにかく今すぐにでも督促を止めたい方は、匿名で無料相談できる専門家に問い合わせてみることをおすすめします。適切に対応する方法を教えてくれること間違いありません!

必見 まずはこちらを利用してみませんか?借金が減額できるかもしれません!

手遅れになる前にまずは匿名で無料相談できるところはこちら

鈴木康之法律事務所から電話での督促がきた場合

「0570200526」や「07012501492」「0662102682」「05036461428」「0120480062」「0362611126」「0362610061」「05031494391」「05031495027」からの着信ではありませんか?これらの番号は鈴木康之法律事務所からの督促電話の可能性が高いです。鈴木康之法律事務所を名乗る者から電話がかかってきた場合、以下のようなことが考えられます。

考えられること

  • 業者から債権回収の委託をされた
  • 詐欺の可能性

鈴木康之法律事務所が業者から債権回収を委託されています

債権者である業者から鈴木康之法律事務所が債権回収の委託を受けて当事者の方に連絡してきている可能性が高いと言えます。

鈴木康之法律事務所からの電話は債権者の正当な権利に基づくものですので、無視しては絶対ダメです。適切に対応する必要があります。

必見 いますぐに督促を止めたい方、匿名で無料相談できるところはこちらです

鈴木康之法律事務所の名前を騙る詐欺ということも

借金の返済遅滞や料金の滞納に心当たりがない場合は、鈴木康之法律事務所の名前を騙る詐欺の可能性が疑われますので、気をつけましょう。今、世の中には、特に債権回収の実績が豊富な法律事務所の名前を騙って偽の督促電話やメール・郵便物などを送り、受け取った人を怖がらせて不当にお金を支払わせるという架空請求詐欺の手口が横行していますので、このような架空請求詐欺に対しては、絶対にお金を支払ってはダメです。

詐欺かどうかを確認するための方法としては、不在着信のあった電話番号をインターネットで検索してみましょう。もし本当にその法律事務所から連絡が来ているのであれば、法律事務所の公式ホームページにその電話番号が掲載されている可能性が高いので、確認手段になります。
逆に、法律事務所の名前を騙った詐欺の場合には、当然法律事務所の公式ホームページにその電話番号が掲載されていることはありませんので十分気を付けましょう。そして、同じ電話番号から詐欺の電話がかかってきた場合、インターネット上で口コミとして紹介されていることもありますので確認することをおすすめします。

鈴木康之法律事務所から郵送で請求書が送られてきた場合

請求書の中身は、受任通知書兼通知書や催告書、警告書、通告書などがあります。

受任通知書兼請求書』が届いた場合の対応策

受任通知兼請求書には下記のような記載があります。

『○○○○が貴殿に対して有する○○○○カード利用によるキャッシングリボ及びカードショッピングの取引に係る下記債権に関し回収業務を委託されましたので、本状を以ってご通知致します。下記内容をご確認いただき、期日迄に弁済いただきますようお願い致します。尚、期日迄にお支払いまたはご回答がない場合には債権者と相談のもと、やむをえず法的手続きをとらせていただく場合もございますのでご承知おきください。今後の債務に関するお問合せ・ご相談は当事務所宛にご連絡いただきますようお願い申し上げます。尚、SMSにてご連絡差し上げる場合がございます』などと記載されています。
このような受任通知兼請求書を受け取っても、契約の細かい内容については書かれていないことが多く、債権者の名前、振込先、連絡先は書かれていますが、安易に連絡することは避けましょう。

「通告書」が届いたときの対処法

また、「通告書」には下記のような記載もありますが、こちらも安易な連絡はしないようにしましょう。

『○○○より委託を受けました債権につき、弁済の督促を致しましたが、未だに貴殿との解決には至っておりません。このまま前向きな回答がなされない場合は、法的手段による回収が必要と判断し、裁判所への訴訟提起の上、財産の差押え等の強制執行手続を行うべきと判断せざるを得ません。従いまして、貴殿が誠意ある解決をなされる意思がある場合、本書面到達後下記最終期限までに全額弁済下さるか、当職らまでご連絡いただきたく最終通知する次第であります』

もし、借主が時効に気づかずに借金の一部を返済したり、今後の返済を約束したような場合は、時効期間が経過していても、債務を承認したものとされ時効が中断してしまう恐れがあります。もし、時効の可能性がある場合は、鈴木康之法律事務所から請求されても安易に電話をすることはやめておきましょう。何も知らずに電話をしてしまうと、返済の約束を取り付けられて時効が中断してしまうことがあります。

必見借金でお悩みの方、匿名で無料相談できるところはこちらです

時効期間が過ぎていないか確認しましょう

鈴木康之法律事務所からくる請求については、(心当たりがない場合は特に)かなり古い債権の可能性があります。安易に連絡すると、時効が「更新」されてしまうおそれがあるので注意が必要です。

貸金業者からの借金は、原則として最終弁済日から5年経過すると時効を迎えることになります。しかし5年経過すれば自動的に時効が成立するのではなく、時効を「援用」することで初めて成立することになります。

既に完成した消滅時効について援用をする旨は、内容証明郵便で伝えるのが一般的です。
しかし、最終弁済日から5年経過すれば必ず時効援用できるか?と言えば、そうでもありません。時効は「更新」させることも可能なんです。最終弁済日から5年経過したと思っても、実は時効が更新している可能性はあるので要注意です。時効援用の手続きは自己判断で行うのは非常に危険ですので、もし、自分では覚えがなく、昔の債務について請求をされた場合は、速やかに専門家に相談することをおすすめします。

必見 時効援用の手続きについては専門家に相談をしましょう!

どうしても支払いができない場合

督促状が届いた段階で、いくら滞納しているか、いつまでに支払えばよいかなどは書類に記載されていますので、確認しておきましょう。もし少しでも返済できるなら返すことをおすすめします。

少しでも支払いをすれば、この状態は解消される可能性があるかもしれません。

必見 どこからも借りれないとお悩みの方、審査に甘いローンはこちらから

私は、複数のローンを抱えていたころ、こちらのローンでおまとめしたことにより利息分がかなり減りました!

ほかのローンで一時的に補填しましょう

滞納しているけどお金が借りれるところ

お金を返さないとブラックリスト…?と悩んでいるあなた、返済するために少しでも用立てたいという方には少額でも借りられるところもあるんです。

少額でも借りれると評判!今すぐにお金が必要な方はコチラがおすすめです

複数の金融機関にローンのある方

複数のローンをひとつにまとめて一本化できる「おまとめローン」がオススメです。この「おまとめローン」を利用して月々の支払いを減らすといった方法もあります。

なお、おまとめローンを利用するときも審査がありますので、審査に甘いところを選ぶことをおすすめします。大手消費者金融以外にも、おまとめローンを揃えている貸金業者は決して少なくはありません。おまとめローンするならこちらがおすすめです。

審査に通りやすいと評判!おまとめローンならコチラがおすすめです

他社での借り入れが難しいという方
柔軟な審査で対応してくれる金融機関と言えばこちらがおすすめです。

柔軟な審査をしてくれるところといえばコチラがおすすめです

鈴木康之法律事務所からの督促の連絡を無視するとどうなる?

鈴木康之法律事務所からの電話で正当な督促であった場合、これを無視し続けると取り返しのつかない事態になってしまいます。「怖くてどうしていいかわからない」「無視していればそのうち止むだろう」などと考えて放置しておくことはとても危険です。速やかに専門家の方に相談するといいでしょう。

もし、鈴木康之法律事務所からの正当な督促を無視した場合、どのような事態が発生するのでしょうか?

督促を無視してしまった場合

鈴木康之法律事務所からの督促が続きます

鈴木康之法律事務所が債権回収を受任した場合、通常は債務者に対して何度か督促の連絡を電話やハガキ、内容証明郵便、ショートメール(SMS)などによって行います。督促を無視していると、連絡の内容・文面はだんだん厳しいトーンのものになっていき、最終的には最後通告という形で、これ以上履行遅滞・滞納が続くようであれば訴訟などの法的な手段に移行するという内容の連絡が来てしまいます。

鈴木康之法律事務所から正当な債権回収の連絡を受けた場合には、この法律事務所からの督促の段階で何らかの対処しなければいけません。

必見 とにかく督促を止めたい方、匿名で無料相談できるところはこちらです

裁判所による支払督促、訴訟が行われます

鈴木康之法律事務所からの督促に債務者が応じない場合、債権者と法律事務所は、裁判所を通じた法的手段に訴えることになります。債権者が取り得る法的手段は、①裁判所による支払督促の申立て、②訴訟提起の2つです。

①裁判所による支払督促

債権者の申立てにより、裁判所は債務者に対して、債務を支払うよう督促を行います。裁判所からの支払い督促を債務者が受け取ってから2週間以内に異議の申立てをしなければ、債権者からの申立てにより、支払督促に仮執行宣言というものが付されることになります。

仮執行宣言が付された支払督促に基づいて、債権者は強制執行の申立てをすることができます。
②訴訟

債権者が債権回収に関して訴訟を提起した場合、裁判所から債務者に対して訴状が送られてきて、同時に裁判ヘの出頭が要請されます。債務者が出頭要請を無視したとしても、裁判は予定の期日に行われます。そして、債務者欠席のまま、債権者の言い分を全面的に認める判決が出されてしまいます。

判決が確定したら、債権者はその確定判決を用いて強制執行の申立てをすることができます。

強制執行

仮執行宣言付きの支払い督促や、債権者勝訴の確定判決を根拠として、債権者は債務者の財産に対する強制執行の申立てを行うことになります。

強制執行が行われると、債務者の意に反して突然財産が処分され、いきなり生活に困窮したり、直近で支払うべき料金が支払えなくなってしまったりといった事態が発生する可能性があります。
また、給与債権が差し押さえられた場合には、借金や料金を滞納していたという事態が職場にもバレてしむことになるので注意が必要です。
鈴木康之法律事務所に債権回収を依頼している段階で、債権者としては本気で債権を回収しに来ているといえますので、強制執行の段階まで一気に進んでしまう可能性が極めて高いと言えますので、できる限り早めに専門家に相談して、対処方法を検討する必要があるでしょう。

必見法律事務所の債権回収に強い専門家はコチラです

自分だけで悩まず専門家に相談しましょう

鈴木康之法律事務所から正当な督促の連絡を受けた場合、放置していると最終的には強制執行が行われ、取り返しのつかないことになってしまいます。早めに専門の方に相談してみることをおすすめします。

専門家は、こうした督促に対処し、強制執行を回避するためのノウハウや専門知識を有していますので、債務者としては安心して依頼をすることができます。

思い切って相談することで、借金のお金の金利がなくなり、本当に返せる金額だけを返すだけでよいことになるように専門家があなたに代わって交渉してくれます。『相談料は無料だけど、本当に良い専門家なのかどうか心配』という方は、匿名希望の方にも無料で相談に乗ってくれる法律事務所にとりあえず匿名で相談をしてみて、信用できるかどうか自分で確かめることをおすすめします。

必見借金でお悩みの方、匿名で無料相談できるところはこちらです

匿名による相談を利用しましょう

本名、住所などは明かさずに相談できるので、借金で悩んでいる方は一度は試してみないと損です!無料で相談にのってくれ、その後、自分でどうするか決めることができます。「しつこく勧誘されることになったらどうしよう?」と思いがちですが、何も心配することはありません。迷惑なメール、勧誘の連絡など一切きませんので安心してください。

匿名で無料相談できるところはコチラ

債務整理を行うのも一つの手段です

鈴木康之法律事務所から督促がきて、金額が多額でどうしても払えない、でも時効も成立していない、という場合は、債務整理を検討しましょう。債務整理は、借金の返済ができなくなったとき、法的に借金を整理する制度で、主に任意整理、個人再生、自己破産などの制度があります。任意整理と個人再生は債務を減額してもらう制度です。

債務整理とは

  債務整理について 債務整理とは、今ある借金の金額や金利を減らしたり、複数ある借入先をまとめたりして少しでも返済を楽にしようとするものです。借金の金額や困り具合によって債務整理の方法が違っ ...

続きを見る

任意整理は、利息をカットする形で債務を減額することになります。裁判所を介さずに債権者と直接交渉して手続きできるため、整理するのも早く、また、費用も安いので、債務整理の中でも最も多く利用されるといわれている制度になります。

任意整理とは

任意整理について 任意整理とは債務整理の中でも1番簡単な方法で、月々の返済負担を軽くすることを目的とした方法です。裁判所を利用せず、債権者との任意での交渉になります。 専門家に頼らずに自分で交渉するこ ...

続きを見る

必見 任意整理に強い専門家はこちらから 

個人再生では、任意整理よりも大きく借金を減額できますが、裁判所を介して行われるため、提出書類が多く、任意整理に比べると手続はかなり複雑と言えます。裁判所に認可されれば返済はずいぶん楽になるでしょう。

個人再生とは

個人再生について 個人再生とは、裁判所に申し立てをして借金の減額と分割払いを認めてもらう方法です。 個人再生を裁判所に認めてもらうことができれば、抱えている借金は5分の1程度にまで減額してもらうことが ...

続きを見る

自己破産は、借金を全額免除してもらえる制度になります。こちらも裁判所を介する制度で、財産を処分・換価されて債権者に平等に配当されるので、メリットもデメリットも大きい制度と言えます。

自己破産とは

自己破産について 自己破産とは、裁判所を通して手続きを行うことによってすべての借金を無くすことです。 銀行や消費者金融の借入はもちろん、現在支払い中のローンすべての支払いをしなくていいといった救済処置 ...

続きを見る

必見 債務整理を得意とする法律事務所はこちらです

まとめ

鈴木康之法律事務所から債務の支払い督促の電話や郵便物が届いたという場合には、手遅れになる前に専門家にご相談することが大切です。プロの専門家は、相談者の具体的な状況を聞いたうえで、相談者にとって最も良い解決が得られるように適切な対応をしてくれるでしょう。自分一人で抱え込まずに専門の方を頼ってみるのも一つの手です。

手遅れになる前にまずは匿名で無料相談したい方はコチラ

© 2021 借金返済が出来ない人の為の解決方法!債務整理の仕方について