任意整理とは

任意整理について

任意整理とは債務整理の中でも1番簡単な方法で、月々の返済負担を軽くすることを目的とした方法です。裁判所を利用せず、債権者との任意での交渉になります。

弁護士に頼らずに自分で交渉することもできますが、素人であるため相手にしてもらえず、交渉できないのが大半です。そうならないためにも弁護士に依頼する方がスムーズです。法律のプロの弁護士が債務者に代わって交渉してくれるので有利な条件で和解することができますよ。
借金の返済に困っている方はまずは任意整理から検討するといいかもしれません。その場合は、弁護士に依頼して代理人になってもらうことをおすすめします。

必見借金を減額したいと考えている方、無料で相談できるところはこちらです

任意整理でできる内容とは

・借金元本の減額 ・利息の減額 ・返済期間の長期化 ・遅延損害金の免除

借金元本の計算をしてくれます

正確な借金額を計算し、グレーゾーン金利で貸し付けをしていた場合、過払い金が発生することもあり、払い過ぎた利息分を取り返し、借金元本と相殺する手続きを行ってくれます。

利息の減額が期待できます

任意整理後の借金返済で、利息分の支払いを免除してもらうことです。

返済期間が長期化できます

分割払いの回数を増やすことで、月々の返済金額を減らすことです。

一般的に、任意整理後の返済期間は3年間とする場合が多いです。しかし、借入日数が長期化することにより利息金額が増加するので注意が必要です。

遅延損害金が免除されることもあります

銀行や消費者金融などから借入をしている場合、返済日に返済がされない場合、遅延損害金が発生します。もし、借金を延滞している場合は、任意整理における交渉によっては、債権者への遅延損害金を免除してもらえることもあります。

任意整理にはたくさんのメリットがあります

任意整理するとどうなる?

  • 債権者が複数の場合、交渉相手を選ぶことが出来ます
  • 取り立てをすぐにストップできます
  • 任意整理手続き中は支払いを一時停止できます
  • 借金の返済金額の減額ができます
  • 手続きが簡単で短期間で行えます
  • 周囲の人に内緒でできます

債権者が複数の場合、交渉相手の選択ができる

もし借金が複数ある場合、一部の借金だけを整理することもできるんです。
和解条件を厳しい条件で提示してきた債権者に関しては任意整理の対象から外すこともできます。そして、借金時に保証人を立てている場合は、債務整理することで保証人が取立てを受ける場合もあるので、そのようなことが起こらないために保証人を立てた借金については任意整理しないということも可能になります。

取り立てをストップできる

弁護士に任意整理手続きをお願いすると、弁護士の方から債権者に対して『受任通知』を送付してもらえるため、債権者が受任通知を受けてからの取り立て行為が禁止されるため(賃金業法21条により)、債権者からの取り立てが一切なくなります。

債務整理手続き中の支払いが一時停止になる

任意整理の手続きを行っている間は、借金の残高や返済方法などの調整を行うため、手続きを開始して終了するまでの間は、借金の返済を一時ストップさせることが出来るんです。
借金がストップすることで、精神的にもゆとりがもてることでしょう。その間は、借入先に返済していたお金を貯めることで任意整理の費用に充てることができます。

返済計画の立て直し

債権者との和解が合意できれば、借金の完済を目指し、返済計画を立ててくれます。不安なく借金を返済していくことができます。

手続きが簡単、返済期間も短い

任意整理は、裁判所を利用せずに債務整理なので、裁判所とのやり取りなどが必要ないため、ほかの債務整理に比べると手続きが簡単です。

任意整理の手続きの期間は最短で3カ月ぐらいといわれています。

周囲の人に知られずに借金の整理ができます

任意整理は裁判所を利用しないので、裁判所から自宅に届く郵便物はありません。そして、任意整理を弁護士に依頼した場合も守秘義務があるため、弁護士経由で借金の整理をしていることがバレることは絶対ありません。
そして、任意整理を依頼すれば、債権者からの取り立てもストップするので債権者からの郵便物や電話連絡もストップするため、借金をしていることが周囲にバレることもありません。周囲の人にバレることなく借金の整理を行うには任意整理がおすすめでしょう。

任意整理にはデメリットもあります

しかしながら、任意整理にはデメリットもつきものです。

任意整理のデメリット

  • 借金を大幅には減らせない
  • 安定した収入が必要
  • 約5年間は借金ができません
  • 交渉が成立しない場合もあります

借金を大幅には減らせません

もし、多額の借金があり、返済の目途がまったく立たないという方にとっては任意整理は向いてません。また、多重債務の方も借入元本の大幅な減額が必要となるため、任意整理には向いてません。ほかの債務整理を検討した方がいいでしょう。

安定した収入が必要

任意整理後には3~5年間は借金の返済がつづくため、返済できるだけの安定した収入が必要になります。

5年ほど、お金を借りることはできません

任意整理を含め、債務整理を行うことによって、信用情報機関に金融事故という情報が記録されます。任意整理の場合、信用情報機関に金融事故情報が登録され続けて5年ぐらいは消えないため、この間は新たに借金が出来ないということになります。

具体的にいうと、クレジットカード、商品の月賦払いなどが利用できないということになります。
もし、高金利で借入れをしてた場合は過払い金が発生していますので、任意整理の手続きで債権者に対して過払い金の返還請求することで、お金が戻ってくることもあります。この段階で借金がゼロになったり、完済した借金に対しても過払金返還請求によりブラックリスト入りにはならないため、今まで通りにお金を借りることは可能となります。

交渉が成立しないということもあります

債権者によっては任意整理に対して和解してくれないこともあります。そのような場合は、ほかの債務整理の仕方で解決する必要がでてきます。

まとめ

任意整理は裁判所を通さずに手軽に手続きを行えるので、債務整理方法の中では最も利用されている借金の解決方法です。

思いきって専門家に相談しましょう

思い切って弁護士に相談することで、借金のお金の金利がなくなり、本当に返せる金額だけを返すだけでよいことになるように弁護士があなたに代わって交渉してくれます。『相談料は無料だし、本当に良い弁護士なのかどうか心配』という方は、匿名希望の方にも無料で相談に乗ってくれる法律事務所にとりあえず匿名で相談をしてみて、信用できそうな弁護士かどうか自分で確かめることをおすすめします

必見借金を減額したいと考えている方、無料で相談できるところはこちらです

匿名による相談を利用しましょう

本名、住所などは明かさずに相談できるので、借金で悩んでいる方は一度は試してみないと損です!無料で相談にのってくれ、その後、自分でどうするか決めることができます。「しつこく勧誘されることになったらどうしよう?」と思いがちですが、何も心配することはありません。迷惑なメール、勧誘の連絡など一切きませんので安心してください。

 

 

© 2021 借金返済が出来ない人の為の解決方法!債務整理の仕方について