エポスカードから督促がきたときの対処法

マルイで買い物するときにすすめられるのがエポスカード。ファミレスや居酒屋などでの優待特典があり、一枚持っていると本当に便利なカードです。しかしながら、現金を出さずに買い物ができるので、ついつい使い過ぎてしまい、支払いができなくなってしまうことがあります。エポスカード代金の引き落とし日に口座引落しができなければ、滞納したことになってしまい、やがてカード会社から督促を受けることになります。

督促状が送付されたということは

エポスカードから督促状が来たということは、すでに取り立てが始まっていることになります。

エポスカードから「重要なお知らせです」という督促状のハガキが来ていませんか?このハガキの意味は、『未払いのローンの支払いがあります』という通知になります。

必見 とにかく督促を止めたい方、匿名で無料相談できるところはこちらです

エポスカードが利用停止になります

まず、エポスカードが利用停止になり利用することができなくなります。残高不足で引き落としが出来なかった場合、その時点でエポスカードが利用できなくなります。

エポスカードを公共料金などの支払いに利用している場合、それらの決済も行えずに滞納してしまう結果になるので注意が必要です。

電話や書面による督促をうけます

エポスカードの支払日を数日すぎた段階で、担当者から電話や書面での督促が始まります。もし、家族に内緒で借金をしている場合はバレてしまう可能性がありますので特に注意が必要です。

もし、ただ単に支払いを忘れている、口座に入金するのを忘れていた、という方はすぐに払いましょう。支払わなければ、段階的に社会的なペナルティを受けてしまいますので注意しましょう。

まずは放置せずカード会社に連絡をしましょう

カード会社から督促状が届いたら、すぐにカード会社に連絡を入れることが大事です。いつ支払いができるのかをきちんと伝えましょう。

督促状が届く頃には、エポスカード会社から携帯電話に電話がかかってきているはずです。もし、エポスカードから着信があった方で、支払いが滞っている方は返済の催促の電話かもしれませんので無視せずにきちんと対応することが大事です。
督促の電話は何度もかかってくるので、かかってくるのを待っているよりも、こちらからかけた方が印象は良くなるかもしれません。

必見 とにかく督促を止めたい方、匿名で無料相談できるところはこちらです

遅延損害金が発生し返済総額が増えてしまいます

エポスカードの支払いが遅れると利息のほかに遅延損害金が発生します。ショッピングは年14.6%キャッシングは年利20.0%で延損害金が発生します。たとえ少額だとしても支払日の翌日から遅延損害金が発生するため、本来の請求金額に遅延損害金が加算されて請求されることになります。

延滞情報が登録され、エポスカードを強制解約されます

延滞が1ヵ月過ぎた時点で強制解約される危険性が高まり、カードが利用停止となり、強制解約となってしまいます。強制解約されてしまうと契約自体が解消されることになり、その後、エポスカードを利用することはできなくなります。

強制解約されたという情報が信用情報機関に共有されるため、金融事故情報に載ってしまうことになります。いわゆる『ブラックリスト』といわれるものです。

強制解約されるということは

  • 住宅や自動車のローンが組めなくなります
  • 新しくほかのクレジットカードの契約ができません
  • ショッピングローンやキャッシングでお金が借りられません
  • 携帯電話の分割払いができません
  • 賃貸住宅の契約で保証会社を保証人にする場合は審査に落ちてしまいます

などといったことが生じてしまいます。

滞納している金額を一括請求されます

長く滞納が続いてしまうとエポスカードから一括請求の通知が届くこともあります。一括請求の通知は、未払いになっている金額、遅延損害金の額、支払い期限などが記載された正式な通達になります。この通知が届いた場合は、期日までに返済しなくてはならなくなります。

また、期限内に支払わなければ法的な手段を取るといった旨も書かれていますので、一括での返済ができない場合には、法律事務所などに相談することを視野に入れておくといいかもしれません。

裁判になり給与が差し押さえられます

クレジットカードの請求が未払いの場合であっても、必ず、裁判による差し押えを認める判決が必要となります。もし、差し押えを受けた場合、貯金や不動産、貴金属や債権などの物品が差し押さえられてしまいます。

そして、差し押さえが認められた場合、毎月の給与の一部も強制的にクレジットカードの返済に回されることになってしまい、給与の差し押さえが職場にもバレてしまいます。そうなる前に適切な対応を取ることが大切です。

このように裁判が行われるのは最悪なケースです。このようなケースにならないためにも早期に問題を解決することをおすすめします。

必見 差押えになる前に解決したい方、匿名で無料相談できるところはこちらです

ほかのローンで一時的に補填しましょう

少しでも支払いをすれば、この状態は解消される可能性があるかもしれません。

必見 どこからも借りれないとお悩みの方、審査に甘いローンはこちらから

複数のローンを抱えていたころ、こちらのローンでおまとめすることができました!利息分がかなり減りました。

滞納しているけどお金が借りれるところ

お金を返さないとブラックリスト…?と悩んでいるあなた、返済するために少しでも用立てたいという方には少額でも借りられるところもあるんです。

少額でも借りれると評判!今すぐにお金が必要な方はコチラがおすすめです

複数の金融機関にローンのある方

複数のローンをひとつにまとめて一本化できる「おまとめローン」がオススメです。この「おまとめローン」を利用して月々の支払いを減らすといった方法もあります。

なお、おまとめローンを利用するときも審査がありますので、審査に甘いところを選ぶことをおすすめします。大手消費者金融以外にも、おまとめローンを揃えている貸金業者は決して少なくはありません。おまとめローンするならこちらがおすすめです。

審査に通りやすいと評判!おまとめローンならコチラがおすすめです

他社での借り入れが難しいという方

柔軟な審査で対応してくれる金融機関と言えばこちらがおすすめです。

柔軟な審査をしてくれるところといえばコチラがおすすめです

借金問題は早期に解決しましょう

借金問題について、専門家に相談することで解決するケースも少なくありません。周囲に相談できず、1人で悩んでいる方はいませんか?思い切って専門家に相談してみるのもいいかもしれません。借金の早期返済について正しい知識や方法など教えてくれるので、問題解決の糸口がみつかります。

必見借金でお悩みの方、匿名で無料相談できるところはこちらです

借金の返済を待ってもらう、返済額を減らしてもらうなどの方法もあるんです

すでに返済により生活が困窮している方は、債務整理も視野に入れるといいでしょう。債務整理にもいくつか種類があります。

債務整理とは

  債務整理について 債務整理とは、今ある借金の金額や金利を減らしたり、複数ある借入先をまとめたりして少しでも返済を楽にしようとするものです。借金の金額や困り具合によって債務整理の方法が違っ ...

続きを見る

実際に債務整理された方で、今まで、月に13万円の借金返済が、月に3万円まで減額することができ、何とか返していけるようになったと聞いたことがあります。専門家には守秘義務がありますので、安心して依頼することができます。

自分だけで悩まず専門家に相談しましょう

思い切って専門家に相談することで、借金のお金の金利がなくなり、本当に返せる金額だけを返すだけでよいことになるように専門家があなたに代わって交渉してくれます。匿名で無料相談できるところもありますので、まずは相談することをおすすめします。

プロの専門家に依頼するメリット

借入れ先と自分で交渉することはなく、専門家の方が交渉してくれます。まず、専門家の方が借入れ先に交渉の手続きを開始してくれることで今までの借金の返済がストップします。そして、借金の返済する金額と返済期間が決めてくれます。決定するまでは、とりあえず借金返済に追われることがなくなります。

『相談料は無料だけど、本当に良い専門家なのかどうか心配』という方は、匿名希望の方にも無料で相談に乗ってくれる法律事務所にとりあえず匿名で相談をしてみて、信用できるかどうか自分で確かめることをおすすめします

匿名で無料相談できるところはコチラ

© 2021 借金返済が出来ない人の為の解決方法!債務整理の仕方について