法律事務所から督促がきたときの対処法

「いきなり知らない番号から電話がかかってきた」「留守番電話で法律事務所と名乗られて、至急折り返してほしい」という内容。このような場合は、借金の滞納に関する督促の可能性があります。法律事務所からの借金の督促を気に留めずに放置しているととても危険です。

必見 法律事務所からの督促を止めたい方、匿名で無料相談できるところはこちらです!

どうして法律事務所から電話がくるのでしょうか?

法律事務所を名乗る者から電話がかかってきた場合、以下のようなことが考えられます。

考えられること

  • 業者から債権回収の委託をされた
  • 詐欺の可能性

法律事務所が業者から債権回収を委託された

もし、借金の返済を遅滞していたり、携帯電話などの料金の支払いを滞納していたりする場合には、債権者である業者から法律事務所が債権回収の委託を受けて当事者の方に連絡してきている可能性が高いでしょう。

『督促がきた!どうしよう?』と不安になっている方、匿名で無料相談できるところをご存じですか?法律事務所からの電話は債権者の正当な権利に基づくものですので、無視しては絶対ダメです。適切に対応する必要があります。

手遅れになる前にまずは匿名で無料相談したい方はコチラ

詐欺の可能性も

借金の返済遅滞や料金の滞納に心当たりがない場合は、法律事務所の名前を騙る詐欺の可能性が疑われますので、気をつけましょう。今、世の中には、特に債権回収の実績が豊富な法律事務所の名前を騙って偽の督促電話やメール・郵便物などを送り、受け取った人を怖がらせて不当にお金を支払わせるという架空請求詐欺の手口が横行していますので、このような架空請求詐欺に対しては、絶対にお金を支払ってはダメです。

詐欺かどうかを確認するための方法としては、不在着信のあった電話番号をインターネットで検索してみましょう。もし本当にその法律事務所から連絡が来ているのであれば、法律事務所の公式ホームページにその電話番号が掲載されている可能性が高いので、確認手段になります。

法律事務所からの督促の連絡を無視するとどうなる?

法律事務所からの電話で正当な督促であった場合、これを無視し続けると取り返しのつかない事態になってしまいます。「怖くてどうしていいかわからない」「無視していればそのうち止むだろう」などと考えて放置しておくことはとても危険です。速やかに専門家である弁護士の方に相談するといいでしょう。

もし、法律事務所からの正当な督促を無視した場合、どのような事態が発生するのでしょうか?

法律事務所からの督促が続きます

法律事務所が債権回収を受任した場合、通常は債務者に対して何度か督促の連絡を電話やハガキ、内容証明郵便、ショートメール(SMS)などによって行います。督促を無視していると、連絡の内容・文面はだんだん厳しいトーンのものになっていき、最終的には最後通告という形で、これ以上履行遅滞・滞納が続くようであれば訴訟などの法的な手段に移行するという内容の連絡が来てしまいます。

法律事務所から正当な債権回収の連絡を受けた場合には、この法律事務所からの督促の段階で何らかの対処しなければいけません。

必見 とにかく督促を止めたい方、匿名で無料相談できるところはこちらです

裁判所による支払督促、訴訟が行われます

法律事務所からの督促に債務者が応じない場合、債権者と法律事務所は、裁判所を通じた法的手段に訴えることになります。債権者が取り得る法的手段は、①裁判所による支払督促の申立て、②訴訟提起の2つです。

①裁判所による支払督促

債権者の申立てにより、裁判所は債務者に対して、債務を支払うよう督促を行います。裁判所からの支払い督促を債務者が受け取ってから2週間以内に異議の申立てをしなければ、債権者からの申立てにより、支払督促に仮執行宣言というものが付されることになります。

仮執行宣言が付された支払督促に基づいて、債権者は強制執行の申立てをすることができます。
②訴訟

債権者が債権回収に関して訴訟を提起した場合、裁判所から債務者に対して訴状が送られてきて、同時に裁判ヘの出頭が要請されます。債務者が出頭要請を無視したとしても、裁判は予定の期日に行われます。そして、債務者欠席のまま、債権者の言い分を全面的に認める判決が出されてしまいます。

判決が確定したら、債権者はその確定判決を用いて強制執行の申立てをすることができます。

強制執行

仮執行宣言付きの支払い督促や、債権者勝訴の確定判決を根拠として、債権者は債務者の財産に対する強制執行の申立てを行うことになります。

強制執行が行われると、債務者の意に反して突然財産が処分され、いきなり生活に困窮したり、直近で支払うべき料金が支払えなくなってしまったりといった事態が発生する可能性があります。
また、給与債権が差し押さえられた場合には、借金や料金を滞納していたという事態が職場にもバレてしまうことになるので注意が必要です。
法律事務所に債権回収を依頼している段階で、債権者としては本気で債権を回収しに来ているといえますので、強制執行の段階まで一気に進んでしまう可能性が極めて高いと言えますので、できる限り早めに弁護士に相談して、対処方法を検討する必要があるでしょう。

自分だけで悩まず専門家に相談しましょう

法律事務所から正当な督促の連絡を受けた場合、放置していると最終的には強制執行が行われ、取り返しのつかないことになってしまいます。早めに専門家に相談してみることをおすすめします。

専門家は、こうした督促に対処し、強制執行を回避するためのノウハウや専門知識を有していますので、債務者としては安心して依頼をすることができます。

専門家があなたに代わって交渉してくれますので、思い切って相談することで、借金のお金の金利がなくなり、本当に返せる金額だけを返すだけでよいことになるかもしれません。

匿名による相談を利用しましょう

本名、住所などは明かさずに相談できるので、借金で悩んでいる方は一度は試してみないと損です!無料で相談にのってくれ、その後、自分でどうするか決めることができます。「しつこく勧誘されることになったらどうしよう?」と思いがちですが、何も心配することはありません。迷惑なメール、勧誘の連絡など一切きませんので安心してください。

必見借金でお悩みの方、匿名で無料相談できるところはこちらです

手遅れになる前にまずは匿名で無料相談したい方はコチラ

債務整理を行うのも一つの手段

法律事務所から督促がきて、金額が多額でどうしても払えない、でも時効も成立していない、という場合は、債務整理を検討しましょう。債務整理は、借金の返済ができなくなったとき、法的に借金を整理する制度で、主に任意整理、個人再生、自己破産などの制度があります。任意整理と個人再生は債務を減額してもらう制度です。

債務整理とは

  債務整理について 債務整理とは、今ある借金の金額や金利を減らしたり、複数ある借入先をまとめたりして少しでも返済を楽にしようとするものです。借金の金額や困り具合によって債務整理の方法が違っ ...

続きを見る

任意整理は、利息をカットする形で債務を減額することになります。裁判所を介さずに債権者と直接交渉して手続きできるため、整理するのも早く、また、費用も安いので、債務整理の中でも最も多く利用されるといわれている制度になります。

任意整理とは

任意整理について 任意整理とは債務整理の中でも1番簡単な方法で、月々の返済負担を軽くすることを目的とした方法です。裁判所を利用せず、債権者との任意での交渉になります。 専門家に頼らずに自分で交渉するこ ...

続きを見る

必見 任意整理に強い専門家はこちらから 

個人再生では、任意整理よりも大きく借金を減額できますが、裁判所を介して行われるため、提出書類が多く、任意整理に比べると手続はかなり複雑と言えます。裁判所に認可されれば返済はずいぶん楽になるでしょう。

個人再生とは

個人再生について 個人再生とは、裁判所に申し立てをして借金の減額と分割払いを認めてもらう方法です。 個人再生を裁判所に認めてもらうことができれば、抱えている借金は5分の1程度にまで減額してもらうことが ...

続きを見る

自己破産は、借金を全額免除してもらえる制度になります。こちらも裁判所を介する制度で、財産を処分・換価されて債権者に平等に配当されるので、メリットもデメリットも大きい制度と言えます。

自己破産とは

自己破産について 自己破産とは、裁判所を通して手続きを行うことによってすべての借金を無くすことです。 銀行や消費者金融の借入はもちろん、現在支払い中のローンすべての支払いをしなくていいといった救済処置 ...

続きを見る

必見 債務整理を得意とする法律事務所はこちらです

まとめ

法律事務所から債務の支払い督促の電話や郵便物が届いたという場合には、手遅れになる前に専門家に相談することが大切です。プロの専門家は、相談者の具体的な状況を聞いたうえで、相談者にとって最も良い解決が得られるように適切な対応をしてくれるでしょう。自分一人で抱え込まずに、専門の方を頼ってみるのも一つの手です。

手遅れになる前にまずは匿名で無料相談したい方はコチラ



© 2022 借金返済が出来ない人の為の解決方法!債務整理の仕方について